2006.09.27更新



足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック 院長です。

皆さん元気ですか?我が家では生後8ヶ月の息子が風邪をひいてしまいました。熱は大してないみたいですが、せきをしていて、泣き声もドスがきいています(笑)。



この時期は気温の変化も激しいので風邪が流行っているみたいですね。皆さんも風邪にならないよう手洗いやうがいなど日頃から注意しましょうね。 風邪と同様、歯についても日頃から注意が必要です。毎日の歯磨きと定期的な予防治療を受けましょう!!


投稿者: ヒロ歯科クリニック

2006.09.15更新



足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック 院長です。



ヒロ歯科クリニックには妊婦の患者さん結構いらっしゃいます。そこで今回は妊婦さんの歯科治療について皆さんが疑問に思うことなどをまとめてみました。



<妊娠中に歯科治療をする理由>  「妊娠中に治療するなんてお腹の赤ちゃんが心配!」「歯科治療に使用する薬が赤ちゃんや母胎に影響ないのかしら?」 など思われる方がたくさんいらっしゃいます。心配するのはわかりますが、もっと心配してほしいことがあるために妊娠中に歯科治療をしていただきたいのです!それは・・・・ 歯周病や虫歯の原因ってご存知ですか?どちらも細菌感染によって引き起こされる病気です。歯周病や虫歯の部分には、その原因となる細菌がたくさん潜んでいます。

「同じスプーンで子供に食事を与えることはよくあることですが、お母さんが虫歯を持っていると、この時に子供に虫歯菌をうつしてしまうことになります(母子感染)。ですから、生まれてくる子供のためにも、出産する前に虫歯を治療しておくことが大切なのです!!(力説!)」また、「妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産になったり、低体重児を出産する可能性が高まる」という研究報告が世界各国で証明されています。

しかし、女性ホルモン増加の影響による歯肉の腫れや出血しやすくなることやつわりの影響などでお口の中が不潔になりやすいなど、妊婦さんのお口は厳しい環境にさらされているのです。



<妊婦さんの歯科治療内容は?> 一般的に妊婦さんでも抜歯を含めた歯科治療は出来ます。

しかし、その時期は妊娠安定期の中期、すなわち妊娠5ケ月~7ケ月にかけて行うのが望ましいと言われています。

妊娠中に歯科治療を行う場合、使用する局所麻酔剤や抗生物質は、お腹の赤ちゃんに影響のない安全性の高いものを考慮して使います。また、鎮痛剤については妊娠中期になればあまり心配いりません。

レントゲン撮影ですが、ヒロ歯科クリニックではデジタルX線撮影装置を導入していますので撮影の際の放射線の被曝はわずかで、さらに防護用エプロンを使用しますのでお腹の赤ちゃんやお母さんの体には影響ありません。また、治療内容に関してはきちんと説明して納得いただいてから行いますのでご安心ください。

まあ、理想的には妊娠してから歯科治療をするか否かで悩むより、妊娠の可能性がある方は日頃から歯の衛生には気を付けてくださいね。


投稿者: ヒロ歯科クリニック

2006.09.02更新

ヒロ歯科クリニック院長日記ついに始まりました!4月6日にOPENしましたヒロ歯科クリニックですが、遅れること5ヶ月余りでついにホームページ公開することが出来ました。 日々の診療に追われてなかなか充実したホームページにはまだなっていませんが、少しずつ更新していきますので長~い目で見守ってください!

今日は土曜日。ヒロ歯科クリニックでは終日ドクター2名体制の日なので、にぎやかな一日です。土曜に来られる患者さんは仕事の関係などでどうしても他の曜日に来られない方が多いですね。また、矯正診療も土曜日なので、どうしても混雑してしまいます。今日も予約の患者さんを少しお待たせしてしまいました。どうもすみません(>_<)

今日の患者さんがヒロ歯科クリニックの院長日記のコーナーがテスト段階のままアップされているとご指摘いただきました。早速修正させていただきました。でも、どこでホームページのアドレスを知ったのでしょう???まだ、公開したばかりなのでびっくりしてしまいました。今度どこで知ったか教えてくださいね、○○○さん! 

 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル