2008.06.26更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長です。

インプラント治療について患者さんに説明する機会も多いですが、そのときに患者さんがもっとも心配していること、それが「インプラントってこわいのでは??」ということなのではないでしょうか?

 インプラント治療の中で最大のやまばがインプラント体を埋め込む1次手術です。1次手術は、歯ぐきを切開し歯槽骨にインプラント体と同じ大きさのドリルで穴を開けます。その後インプラント体を埋め込み、歯ぐきを閉じるという処置です。1次手術について不安を持たれる患者さんには「親知らずの歯を抜くときと同じぐらいですよ。」と説明しますが、実際は親知らずの抜歯よりもインプラント手術の方が怖くありません。なぜなら、親知らずを抜くときはレントゲンなどで画像診断しますが、歯の根がどのように曲がっているか、周りの骨とどの程度くっついているか、歯の炎症程度はどれくらいか、など、術前に正確に知ることはできません。したがって、抜歯をしながら一部手探り状態で行うことになってしまいます。しかし、インプラント1次手術の場合、レントゲンに加えCT撮影などにより画像診断を行います。また、ヒロ歯科クリニックではパソコンによるCT画像解析を行っているので、インプラント体を埋入する予定の骨の状態がどのようになっているか、骨の状態が悪ければ埋入部位を検討したり骨を補填する材料を使用するべきかなどをあらかじめ診断できます。手術内容がほぼ確定しているので、ドクターにとっても抜歯より安心して行うことができるとも言えます。
もちろん、手術中は局所麻酔を十分に行いますので痛みはありません。術後の痛みも通常1日程度で、はれても1~2日程度です。
インプラント1次手術は術中の感染に注意しなくてはならないため、抜歯よりもドレープといってお口の周りに滅菌シートをかぶせたりするので患者さんにとっては通常の治療とは異なった環境で緊張するかもしれません。手術に対して強い恐怖心をお持ちの場合には、麻酔科医による鎮静下で手術を受けることも可能です(別途費用が必要になります)。

いずれにせよ、不安に感じることがあればなんなりとご相談ください。 

 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル