2008.10.14更新



足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。



インプラントについて特にブリッジとの違いについて説明します。



1.健康な歯を削らない



ブリッジは、歯を失った際に、失った隣の歯を土台にして橋渡しして補う方法です。 その際、失った隣の歯を土台とするため歯を削る必要があります。 インプラントは骨に人工歯根を埋め込むため土台となる歯は一切不要です、隣の歯を削ることはありません。



2.周りの歯に負担がかからない



ブリッジは土台となる歯に大きな負担がかかります。場合によっては虫歯になったり歯が折れてしまうことも。 さらに、ブリッジの土台の周辺にはプラークがたまりやすく、歯周病の原因にもなります。 その点、土台のいらないインプラントなら、周りの歯に負担をかけないので、そんな心配も最小限。 耐久性においてもインプラントは優れた性質をもっています。



 *インプラントは歯と同様お手入れと定期検診が必要です。それらについては後日説明します。


投稿者: ヒロ歯科クリニック

2008.10.14更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

インプラントについて、特に入れ歯との違いは3つ挙げられます。

1.違和感がない取り外す必要がなく手入れも簡単!

インプラントは入れ歯のような違和感がまったくありません。 取り外す必要も一切なく、自分の歯と同じように使えるのでインプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

2.よく噛める!痛くない!!自然の歯と変わらない噛み心地

入れ歯は痛みを感じやすい歯ぐきが直接その力を支えているため、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。 直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

3.健康な歯に負担をかけない!

周りの歯にやさしい 部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。 その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2008.10.12更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

「皆さんに安心して治療を受けていただき、さらには、皆さんに一生ご自分の歯で健康な食生活を
送っていただくこと。」これがヒロ歯科クリニックスタッフの目標です。
そのため現在のお口の状態や、今後どのような診療をしていくのかといった詳しい
情報をお伝えすると同時に、治療方法についても皆さんのご希望に沿った提案をさせていただきます。

詳細については後日アップします。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2008.10.05更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

私たちは、皆さんの無駄な待ち時間を無くし、スムーズに治療出来るよう、事前に歯科医師、歯科衛生士との治療の予約をさせて頂いております。

ご予約制とさせていただくことにより、あらかじめ治療内容についての打ち合わせ・準備が可能になり、より効率的に治療が行えます。

 そこでお願いがあります。
○ お約束のお時間に必ずお越しくださいませ。
○ 時間の変更がある場合は、なるべく前日までにご連絡ください。

また、キャンセルされた方のお時間で、歯の痛みのある方を一人でも早く治療して差し上げることも可能になります。また、治療上お伝えしなければならないことがございますので、キャンセルの際は必ずご連絡ください。治療が計画通り進まなくなるばかりでなく、余計にお時間、費用がかかってしまうこともあります。

お忙しい中通院されているのは十分承知しているつもりですが、患者さん自身のためにそして他の患者さんのためにも上記事項はお守りください。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2008.10.04更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

私たちヒロ歯科クリニックのスタッフは患者さんの歯を守ることが目標です。しかし、歯を守るといっても、どうしても私たちだけの力では限界があります。やはりいつまでも歯を守っていくためには、皆さんが少しでもご自身の歯に関心をもっていただき、治療の方法や、日ごろのケアにも気をつけていただく必要があります。

そのため、私たちはできるだけ皆さんにご自身の歯について興味をもっていただけるように、ご自身のお口を確認しながら、現在どうなっているのか、また、将来どこにどんな不安があるのかをご説明していきます。

さらに、治療に関しては、再発リスク・耐久性・身体への影響・美しさなど、一般にはあまり知られていないような、さまざまな違いがあります。

ですから、これらをできる限りわかりやすく説明させていただき、お口の将来や費用面などを考慮して、いろいろなご提案をさせていただきます。説明は何度でもさせていただきますので、じっくり考えていただき、十分にご納得いただいた上で治療方法を選んでください。

このように、私たちの医院は多少説明が多いかもしれません。しかし「とりあえず今痛いところを治してそれで終わり。また悪くなったら通院」を繰り返していると、一生自分の歯でおいしく食事することがどうしても難しくなってしまいます。実際、いらっしゃるたびに悪化するお口を見ると、私たちもとても辛くなります。

私たちが目指すのは「通院するすべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できること」です。そのために、多少の時間はかかってでも、最低限のご説明だけはさせていただきたいと考えておりますので、どうかご理解よろしくお願いいたします。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2008.10.03更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

さて、突然の質問ですが、みなさんにとって「いい歯科医院」とはどんな病院ですか?痛くない・やさしい・家から近い…。

これらもとても大切なことですよね。ですから、私たちも全力で取り組んでいます。しかし、本当の「いい歯科医院」は、これだけでは十分ではないと私たちは思っています。

どんなに痛くなくて、どんなに便利な歯科医院でも、それは「そのときだけの良さ」でしかないと思います。本当に私たちが目指しているのは「すべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できるように、できる限りのサポートをすること」だと考えています。

「食べる」という行為は、とても大切な生きる楽しみの一つだと思います。もし、固いものが食べられなくなってしまったり、味がしなくなってしまったら、これほど悲しいことはないと思います。

「食べたいものを自由に食べて、よりよい人生を送っていただきたい!」
すこし大げさかもしれません。しかし、私たちはそのような気持ちで、皆さんの歯を一生守っていくお手伝いをしたいと心から考えています。これは私たちスタッフ全員にとって、大切な仕事のやりがいでもあります。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル