2010.01.31更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

歯は、口の中や口の周りの筋の バランス が取れたところに並び、舌や口唇の圧の バランス がとれたところに歯が並ぶことになります。すなわちその バランス が良好な場合は、正常な歯並びとなりますが、筋機能の調和が乱れたときに歯並びが乱れ、いわゆる不正咬合という状態になります。 舌や口唇の圧が強すぎても弱すぎても バランス がとれません。

反対咬合の場合、舌の位置が口の中で低い位置にあるといわれています。一般的に舌の位置は上あごに密着するように位置し、上の前歯の裏側に舌先が接するのが通常の位置です。さらに、上唇の圧力が強いといわれています。前述のように舌の位置が低いため、上唇の外からの圧力に対抗する舌が内側にないことから相対的に上唇の圧はより高い状態になります。そのため、上の歯が内側に倒れこんだり、上あごの成長が不十分になりやすい環境が整うことになります。また、下あごの歯並びは舌によって前に押され、前進される環境が形成されています。その結果、反対咬合が作られることになります。

したがって、舌の位置を正常の位置(上あごと接する位置)にし、下唇のしたにあるオトガイ部に力を入れやすい形にするような筋訓練が必要になります。

それをスムーズに行うことができるのがムーシールドです。ムーシールドを装着により嚥下するたびに筋機能訓練が自動的に行われることになります。

IMG_6337mu-.JPG

 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2010.01.30更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

 「別冊宝島1677 美しい白い歯で人生が変わる! 先端歯科クリニックガイド 全国版」にヒロ歯科クリニックが掲載されました。

  %E5%AE%9D%E5%B3%B6.jpg

美しい白い歯にするためのオールセラミッククラウンやジルコニアセラミックについてタレントのインタビューやQ&Aで分かりやすい解説、歯科界のトップの人たちによる説明など写真や図も豊富で楽しめる内容になっています。

ヒロ歯科クリニックは<失敗しない歯科医院選び 厳選歯科医リスト700>にリストアップされています。待合室にも置いてありますのでご覧ください。

 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2010.01.05更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

ムーシールドとは、3歳児検診などで反対咬合(受け口)と診断された、幼児に使用される機能的矯正装置の事を言います。

3歳児検診で受け口(反対咬合)がみられる割合は4%を超えるという報告があります。近年の年間出生率から計算すると年間発症数は約45,000人規模と推定することができます。それらのお子さん(患者さんに)について「様子を見ましょう」というのは簡単です。もちろん、永久歯に生え変わる時期に自然治癒する可能性もあるのですから。しかし、乳歯列後期に反対咬合であった者が自然治癒する率はおよそ6%しかないという報告もあり、「様子見」では患者さん(とその親)にとって不安や心配になるのは当然でしょう。そこでムーシールドの開発者の柳澤宗光先生らの発案で、出来るだけ早期に治療・改善さ せようという考え方が出てきました。その中でも効果的な方法とされるのがムーシールドというわけです。

ムーシールドはマウスピースのような形をしており(図)、おもに就寝時に使用します。

  mu-sieldfig.jpg

ムーシールドには
1.早期初期矯正治療としての働き
2.被蓋(咬み合わせ)の改善
3.舌圧と口唇圧のバランスの改善
4.舌を高位(高い位置)に保つ機能
などが一つの装置に盛り込まれています。
これらの機能により、「歯並びを整える」というのではなく「子供の顎の成長を利用して、上下の歯の咬み合わせの関係を正常なものにしようとさせる」という目的で使用するものです。 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル