2010.02.17更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニックの院長・佐藤浩史です。

自分の歯をこれ以上失わないためのインプラントそれが予防的インプラントです。
予防的インプラント」という言葉は私が考えた造語です。また、特殊なインプラントではありません。
インプラントを埋入する上でのコンセプトです。

例えば、下の一番奥の歯をむし歯などで保存が不可能になり抜いたとします。
奥の歯が1本なくなっても大きな不自由もないのでそのまま放置したとしましょう。
すると、気づかないうちに、その歯と咬んでいた上の奥歯は咬み合わせがなくなり、下に伸びてきます。
また、失った1本手前の歯は失った歯の分も働かなくてはいけなくなり、負担が大きくかかります。
このように1本の歯が失うと実は少しずつ周りの歯に影響が出てきます。
それでもそのままにしておくと、あごが痛くなったり、反対側の歯にも影響が出てきます。
このようなときに、1本インプラントを入れる事で周りの歯を守ることができます。
それが「予防的インプラント」のコンセプトです。

 インプラントはご自分の残りの歯を守るために最も有効な手段になる場合があります。

この患者様は、左下の冠を被せた一番奥の歯が腫れるということで来院されました。実際、冠を外してみると
むし歯も進んでおり歯が折れている状況でしたので保存不可能と判断し歯を抜かせていただきました。
その後、予防的インプラントのコンセプトに同意いただけましたので、インプラントを入れることになりました。

yobou.jpg

ご自分の歯をこれ以上失わないためにインプラントも検討してみてはいかがでしょうか?

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2010.02.16更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

 インプラントは、体への侵襲を最小限に行うことができる治療法です。これをMI(最小限介入)インプラントと呼ぶことにします。これはインプラントの概念を理解していただくために私が考えた造語です。

インプラントは残った歯を削ったりすることを回避することができる治療法です。歯の失った部分にインプラントを入れると残りの歯の負担を減じる役割を果たします。もちろん、健全な隣の歯などの治療をする必要がありません。

  %E5%89%8D%E6%AD%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97.jpg

また、一旦治療が終了すれば日常は、他のご自分の歯と同様なお手入れをすればよいだけ。入れ歯のように取り外してお手入れする必要もなく、お友達とのご旅行などでも気を使う必要がありません。

インプラントは普段お口の中を気にすることなく豊かな日常生活を迎えられる治療法です。

*お口の中の状態によって最善の治療法が異なります。インプラントが必ず最善な方法ではありませんので、お困りの方はご相談ください。

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2010.02.15更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

2月6日・13日にTBSの報道特集NEXTという番組で中国製の歯科技工物・中国製義歯の安全性について報道があったそうです。私は実際に番組を見ていませんし、番組HPを見ても詳細がわからないのですが、中国を経由した歯科技工物や義歯は有害物質のベリウムなどが含まれているといった内容だったそうです。

当院の患者さんからも問い合わせをいただいたのできちんと報告させていただきますが、ヒロ歯科クリニックで扱う歯科技工物や義歯に有害物質が含まれていることは絶対にありません。

 当院の歯科技工物は保険、保険外に関わらず国内の特定の技工所に依頼して製作してもらっています。さらに、細かな指示が伝わるように指名した技工士さんに全て作ってもらっています。私の専門が「補綴」という分野で入れ歯や被せ物を取り扱うものなので、かなりこだわっていると自負しています。歯科技工物もいいものを患者さんに提供したいと考えているので、質の高い(技工料も安くない)技工所にお願いしています。製造コストを安くして患者さんの健康被害を及ぼすことなどまったく考えていません。

数日前に他の報道でもあったようですが、歯科医院はコンビニの1.5倍以上あり、1日1軒のペースで閉院しているそうです。歯科医院経営上、コスト削減することは重要ですので、全国の歯科医院の中にはコストのかからない質の悪い技工物を提供する医院があるかもしれません。しかし、医療機関としてお口の中の健康に関わる者としてそれでは本末転倒です。

私は現在の保険医療制度の中でも機能的にきちんとしたものを提供することは可能だと思っています。もちろん限界はあるので、その部分は保険外の治療ということになりますが、その分患者さんに満足度の高いものを提供させていただこうとしています。

歯科に関する報道もかなり偏ったものも散見されますので、もし疑問の点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿者: ヒロ歯科クリニック

2010.02.07更新

足立区・西新井の歯医者・ヒロ歯科クリニック院長の佐藤浩史です。

ホワイトングとは、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法で、その方本来の歯の色よりも白くすることが出来ます。歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%96%BD%E8%A1%93.jpg

画像はヒロ歯科クリニックでの施術例です。ホームホワイトングにて2週間行いました。自然な白さが特徴です。

下記の項目に当てはまる方はホワイトングがお勧めです。

● 加齢変化による歯の黄ばみが気になる方(20代から黄ばみはじめます)
● 遺伝による歯の黄ばみや変色が気になる方(髪・肌と同様に歯の色も遺伝します)
● 今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたいと思う方
● 歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい方
● 自然な色の仕上がりを希望されている方
● 自分の笑顔にもっと自信を持ちたい方
● 挙式を控えている方


投稿者: ヒロ歯科クリニック

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル