小児矯正

お子様の将来を見据えた矯正治療を

ヒロ歯科クリニックでは、お子さんの歯並びが悪くなってしまう原因の時期に合わせて、いくつかの治療方法をご用意しております。
何でもかんでも矯正装置をつければ良いというものではありません。
日常の生活習慣や、成長の過程によっても対策は異なってきます。お子さんの将来のために、最も良い矯正方法をご提案いたします。

まずは当院のカウンセリングを受けてみませんか?

お子さんの歯のことを考えてあげられるのは、お母さんお父さんです。

歯並びが悪いと、様々な悪影響があります。
お子さんの歯並びが悪いと、将来自分の歯にコンプレックスを持ち、心から笑えなくなってしまう可能性があります。
しかし、歯並びが悪いと、見た目以上に機能的な問題が出てきます。

まず、噛み合わせが悪くなることで、顔の骨に力が伝わらず顔の成長に支障が出ることもあります。
また、消化器系に負担がかかったり、栄養を効率良く吸収できなくなってしまいます。
さらに、歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくなるため、むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

子供のうちは、自分の口の中にまで意識が行き届きませんし、歯並びを治さないといけないという知識もありません。

お子さんの将来のためにも、是非一度、カウンセリングにいらして頂ければと思います。
当院では、矯正装置の装着だけでなく、食生活・舌のクセ・口を閉じないクセ・頬杖といった、歯並びに影響のある生活習慣についても指導しております。

初回は、保険の適用範囲内で検査・診察を実施しておりますので、お気軽にいらして頂ければと思います。

舌のクセ、顔の筋肉バランスを治す矯正装置「ムーシールド」

舌や口唇にも、歯並びが悪くなる原因があります。
歯並びは、舌の動き・口唇の圧力・顔の筋肉など、様々な要素の絶妙なバランスによって保たれています。

自然に口を閉じた状態で、自分の舌がどの位置に収納されているのか確認してみてください。通常は上顎に少し触れている位置にあります。

ところがお子さんの中には、舌が常に口の中の下の方に置かれている方がいます。
そうなると、無意識のうちに舌で下の前歯に圧力をかけてしまい、圧力をかけられた歯が前へ出てきます。

これが、反対咬合(いわゆる受け口)の原因の一つです。また、上唇の圧力が強すぎると、上の前歯が内側へ向いてしまい、これも反対咬合の原因になります。

このような舌のクセや口唇・筋肉のバランスを治すために有効なのが「ムーシールド」という矯正装置です。

ムーシールドは、マウスピースのような形をしており就寝時に装着することで、
  • 咬み合わせの改善
  • 舌や口唇の圧力バランスの改善
  • 舌を高い位置に保つ

といった効果が期待でき、早期初期矯正治療に使用されています。

通常の矯正のように、歯に力を加えて位置を変えていくのではなく、歯の周囲の環境を整えることで歯を正常な位置に戻すのがムーシールドによる矯正治療なのです。

反対咬合(受け口)は放っておいても治りません。

3歳児検診で反対咬合(受け口)のであると認められるお子さんの割合は、4%を超えると言われています。
そして、その中の多くのお子さんは、「様子見」によって自然治癒を期待されているようです。

しかし、ある調査によると、乳歯が揃った後に反対咬合が自然治癒する確率は、わずか6%しかないことが分かっています。
ムーシールドは、通常の矯正装置と違い日常生活で気になることはほとんどないという理由もあり、多くのお問い合わせを頂いております。

お子さんの歯並びが気になる方、お子さんが反対咬合(受け口)は、一度ご相談にいらして頂ければと思います。

負担が少ない床矯正

床矯正がなぜ負担が少ないかと言うと、通常の歯に装着する矯正装置と違い、取り外しが可能だからという理由が第一にあげられます。
取り外しが出来るため、食事をする際は違和感がありません。

また、一般的な矯正よりは比較的負担が少なくなります。
お子さんの顎が小さくて、将来の歯並びが心配な方に適した矯正ですので、一度ご相談にいらして頂ければと思います。

現代人は、顎が小さく、歯が並びにくい

食生活の変化により、現代人の顎は小さくなり、歯がきれいに並ぶための十分なスペースがなくなってきています。そのため、特に前歯の歯並びが悪くなりがちです。

しかし、歯の矯正治療の中には、床矯正と呼ばれる、顎の幅を広げられる方法があります。

矯正装置は、歯ではなく歯ぐきに装着します。
この装置が歯ぐきを広げる方向に力を加えることで、歯がきれいに並ぶためのスペースを作っていきます。

6~10歳に実施することで、顔のバランスも良くなる

床矯正を実施する際に最も重要なのは、時期です。

お子さんの顔の成長は、6歳までの間に80%が完了し、10歳以降に再び成長します。
この間、6~10歳の頃は、顔の成長が一旦落ち着くため、このタイミングで床矯正を実施します。

この時期に歯並びを良くしておかないと、噛み合わせが悪くなり、上顎への発達刺激が不足し、顔全体がアンバランスに成長していってしまうことがあります。

10歳以降はバネによるブラケット矯正

10歳以降は、再び口周りの成長が始まります。このタイミングでの矯正は、歯にバネを装着し正しい位置へ誘導するブラケット矯正(いわゆる一般的に言われている矯正)を行います。

早めの実施でよりキレイな仕上がりに

10歳の時に再開した顔の成長は、14~17歳くらいまで続きます。
できるだけ早い時期に矯正を行うことで、顔の成長に合わせてキレイに仕上げることができます。
また、早い時期に歯を整えることは、将来、抜歯する可能性を減らすメリットもあります。

症例や診療内容など小児矯正についてブログを随時アップしています!
ヒロ歯科クリニックの小児矯正をもっと詳しく知りたい。という方は是非ご覧ください。
小児矯正ブログはこちら>>

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル