歯周病治療

歯が抜けてしまう前に

歯周病は、細菌によって、歯を支えている組織(歯ぐきや骨など)が破壊されていく病気です。
原因は、歯みがきが十分でない、間食が多い、飲酒、喫煙など様々です。40代以降はむし歯よりも歯周病の方が、歯が抜ける原因としてはとても多いです。

また、歯周病は全身疾患との関わりが高いと言われています。
歯周病疾患は放っておくと歯ぐきの血管から菌が全身へ転移してしまい、心筋梗塞、脳梗塞、内臓疾患、糖尿病などを引き起こすこともあります。
また菌が肺に入って、肺炎になることもあります。しっかりと治して、歯と全身の健康を守りましょう。

大切なのは予防と検診

歯周病は、むし歯のように削って詰め物をすれば治るというものではありません。長期間かけて口内環境を改善していく必要があるのです。

そのため、悪化する前に発見し、早めの治療を始めるのが一番です。
定期的に検診を受けて、常に口の中を良い状態に保つようにしましょう。

歯周病セルフチェック

歯周病になると、お口の中で様々な異変が起きます。簡単なセルフチェックをしてみましょう。

  • 歯みがきをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯並びが変わってきた
  • 口臭が気になる
  • 歯がしっかりと固定されていない気がする
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバしている
  • 冷たいものが歯や歯ぐきにしみる
  • 歯ぐきが柔らかくなっている(ぶよぶよしている)
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなってきた
  • 硬い物が噛めなくなってきた
  • 歯ぐきが腫れている

当てはまる方は、はやめの検診をお勧めします。
お口の中のお掃除や歯みがきの改善で良くなることもあります。
悪化してからでは歯を抜かざるを得ないこともありますので、早めの治療がとても重要です。

症例や診療内容などブログを随時アップしています。
ヒロ歯科クリニックの歯周病治療をもっと詳しく知りたい!という方は是非ご覧ください。
歯周病ブログはこちら>>

ヒロ歯科クリニック 電話番号:03-3880-6000
インターネットからのご予約が可能です ブログ選択ページ 歯科医療従事者選択ページ ヒロ歯科クリニック ドクターズファイル